便秘とオリゴ糖

オリゴ糖とは甘味料です。オリゴ糖のオリゴ糖意味はギリシャ語で少しという意味です。オリゴ糖の定義は単糖が2~10個くっついて小糖類になります。オリゴ糖は一種類ではなく天然の物から合成の物までかなりの数の種類があり、おおまかにいうと砂糖もオリゴ糖の種類になります。砂糖とオリゴ糖の違いは甘さの強さやカロリーもありますが砂糖は2小糖類になり、小腸で吸収されますがオリゴ糖は腸まで届きます。種類は大きく分けて2種類になり消化性オリゴ糖は小腸で吸収されてしまいますが、難消化性オリゴ糖は消化されにくく腸まで届き、老廃物を吸着して排出してくれます。

難消化性オリゴ糖はその中にも6種類分かれ、ゴボウや玉ねぎなどに含まれるフラクトオリゴ糖、食物繊維を酵素で分解して作られたキシロオリゴ糖、母乳や牛乳に含まれるガラクトオリゴ糖、野菜のビートから作られるラフィノース、はちみつなどに含まれているセロオリゴ糖、砂糖に甘さが近くカロリーはオリゴ糖の中で一番低い乳果オリゴになります。

オリゴ糖は市販されていて液体の物と粉のものがあり、液体の物は作る過程で色々な物を配合している物が多く純度が高いものは粉製品が多いです。どちらも使い勝手が良く甘みなので大人も子供も安心して摂取できます。そのまま摂取しても十分効果を発揮してくれますが、乳酸菌と組み合わせるとより効果を発揮してくれます。便秘にとても効果のあるオリゴ糖を詳しくご紹介します。